宝くじ 初めてk8 カジノ[Flex裏技集]クッキー保存、SWF通信、JavaScript連携仮想通貨カジノパチンコラスベガス ポーカー

宝くじ 初めてk8 カジノ[Flex裏技集]クッキー保存、SWF通信、JavaScript連携仮想通貨カジノパチンコラスベガス ポーカー

宝くじ 初めてk8 カジノ[Flex裏技集]クッキー保存、SWF通信、JavaScript連携仮想通貨カジノパチンコラスベガス ポーカー

週刊 文春 新潮k8 カジノ FlashPlayerの機能を超えろ!

バイナンス コイン 買い方 Flexの実行環境であるFlashPlayerには、FlashPlayerの外部との連携のための機構が備わっています。状況に応じて利用することで、FlashPlayerの機能を超えた範囲までFlexアプリケーションの利用シーンを広げることができるでしょう。

クッキーのようにローカルにデータを保存SharedObject

 SharedObjectを用いると、Webブラウザのクッキーのようにクライアントのマシン上にデータを保存できます。そのため、SharedObjectを利用して、ユーザーが一度入力した情報を次回ユーザーがアクセスしたときに再び表示するなどといったことを、サーバの技術を使用せずに行うことができます。

■ 訪問回数をカウントするサンプル

 サンプルでは、リロードするたびに訪問回数をカウントするアプリケーションを紹介します。

サンプル1 
SharedObjectSample.mxml <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="vertical" creationComplete="countUp()"> <mx:Script><![CDATA[[Bindable]private var count:int = 0;private function countUp():void{var so:SharedObject = SharedObject.getLocal("Counter");if(!so.data.counter){so.data.counter = 0;}count = ++so.data.counter;so.flush();}]]></mx:Script><mx:Label text="{count}回です" /></mx:Application>

 SharedObject.getLocal(名前)とすることで、SharedObjectのインスタンスを取得します。初回にはデータファイルがローカル上に作成されます。SharedObjectは実行されているSWFのドメインごとにアクセス制御されます。

 永続化したいデータをdataプロパティの内部に格納し、flush()メソッドを実行することで、書き込みが行われます。データを消去するにはclear()メソッドを使用します。

■ SharedObject使用時の注意点

 SharedObjectの使用に際して注意する点があります。ローカルの領域としてSharedObjectが使用できる容量はデフォルトで100Kbytesですが、ユーザー側で0Kbyte(なし)~無制限まで設定することができますので、必ずしも有効であるとは限りません。必要な場合はユーザーに設定を促すか、SharedObjectはあくまでも補助的な利用にとどめるのがいいでしょう。

 容量を変更するには、FlashPlayer上で右クリックして表示される[設定]メニューを選択して開く、[Adobe Flash Player設定]ウィンドウから[ローカル記憶領域]のスライダーを調節します。

図1 FlashPlayer上で右クリック図1 FlashPlayer上で右クリック図2 [Adobe Flash Player設定]ウィンドウ図2 [Adobe Flash Player設定]ウィンドウSWF同士での通信LocalConnection

 LocalConnectionを用いると、同一のクライアントマシン上で動作している複数のSWF間で通信ができます。LocalConnectionを使用するには、送信用と受信用のSWFを作成し、それぞれ処理を記述する必要があります。

 以下は、テキストインプットに入力した文字を別のSWFに渡すサンプルです。

サンプル2 受信側
サンプル3 送信側

 受信用をReceiverSample.mxml、送信用をSenderSample.mxmlとします。

■ 受信側の操作

ReceiverSample.mxml <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="vertical" creationComplete="receiveLC()"><mx:Script><![CDATA[private var lc:LocalConnection;private function receiveLC():void{lc = new LocalConnection();lc.client = this;lc.connect("LCSample");}public function sampleMethod(prop:Array):void{receiveLabel.text = prop.toString();}]]></mx:Script><mx:Label id="receiveLabel" /></mx:Application>

 受信側では、LocalConnectionを待ち受け状態にするために、connect()メソッドでコネクション名を指定します。

 また、LocalConnectionを通じて実行されるメソッドを用意します。サンプルでは、sampleMethod(prop:Array):voidとします。引数は配列で渡されます。

 LocalConnectionを通じて実行されるメソッドを実装しているオブジェクトをclientに指定します。今回は、ReceiverSampleにsampleMethodを定義しましたので、clientにはthisを指定しています。

■ 送信側の操作

SenderSample.mxml <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="vertical"><mx:Script><![CDATA[private function sendLC():void{var lc:LocalConnection = new LocalConnection();lc.send("LCSample", "sampleMethod", [textInput.text]);}]]></mx:Script><mx:TextInput id="textInput" /><mx:Button click="sendLC()" /></mx:Application>

 送信側では、送信を行いたいタイミングでsend()メソッドを実行します。第1引数には待ち受け状態になっているLocalConnectionのコネクション名を指定し、第2引数には、実行するメソッド名を文字列で指定します。第3引数には、メソッドに渡す引数を配列で指定します。

 続いて次ページでは、FlexからJavaScriptを、JavaScriptからFlexを呼び出すための実践テクニックを解説します。

JavaScriptとの連携を行うExtarnalInterFace仮想通貨カジノパチンコpc ゲーム 無料 ダウンロード rpg オフライン

パチスロ ユー チューバ ーk8 カジノメールサーバ防御でも忘れてはならない「アリの一穴」仮想通貨カジノパチンコポケット wifi 4g

パチスロ ユー チューバ ーk8 カジノメールサーバ防御でも忘れてはならない「アリの一穴」仮想通貨カジノパチンコポケット wifi 4g

パチスロ ユー チューバ ーk8 カジノメールサーバ防御でも忘れてはならない「アリの一穴」仮想通貨カジノパチンコポケット wifi 4g

ツム ツム ベイ マックス 2.0k8 カジノ

三国志 パチンコ 女 第3回まではApacheに関するセキュリティ設定について紹介させていただいた。第4回となる今回は、Sendmailについてのセキュリティ設定である「バナー隠ぺいに関する3つの方法」と「メールコマンド制御による情報制限」の2点を紹介しよう。

 稼働中のサービスの種類やバージョンなどを知らせるバナー情報について第1回で取り上げたところ、読者より非常に大きな反応があった。Sendmailについて解説する前に、バナー隠ぺいについての筆者の考えを述べさせていただきたい。

バナーを隠ぺいすることの狙い

 「バナーを隠ぺいすることはセキュリティ設定と呼べるのかどうか?」「 バナーの隠ぺい設定は行うに値することかどうか?」

 これは、かなり前からセキュリティのコミュニティだけにかかわらず各所で議論されてきた話題だろう。

 第1回でも説明したように、筆者はバナー情報は隠ぺいすべきであるというスタンスを取っている。ただし、バナーを隠ぺいすることによってセキュリティ対策において完ぺきであるということをいうつもりではない。

 バナー隠ぺいを行う前に行っておくことはたくさんある。「強固なパスワード設定」「アクセス制御の実施」「修正プログラムの適用」……すべて、優先度の高い対策である。バナー情報が取得できるという指摘は、ペネトレーションテストにおいて対策優先度は低めのものであり、脆弱性スキャナなどでは、「Lowリスク」や「インフォメーション」として報告されるものである。

 筆者はペネトレーションテストでの報告会では以下のような報告をしている。言葉足らずの部分もあるかもしれないが、筆者の考え方、スタンスを読み取っていただければ幸いである。

報告内容(抜粋)

 バナー情報を取得することにより、攻撃者がサーバアプリケーションのバージョンを知り、そこから攻撃方法を導きだす場合があります。

 修正プログラムの適用やバージョンアップによりサーバプログラムを最新の状態に保つことは、最も優先度が高く、重要なことです。

 ですが、運用を考慮すると、実機ではすぐさま対応できず、十分な検証に時間を要する場合もあるでしょう。

 そのような場合、脆弱性を抱えたバージョンであるということを露呈し、運用し続けることは得策ではないという考えから、バナー情報を隠ぺいすることを推奨します。

 現在、脆弱性を抱えていないサーバプログラムであったとしても、いつかは古くなり脆弱性が発見されることでしょう。そのことを考え対策を行っておくことが望ましいといえるでしょう。

 攻撃者のパターンには大きく分けて2つあります。クラッカーやスクリプトキディのような「人」が行うパターンとウイルス、ワームと呼ばれるような自動化された「プログラム」が行うパターンです。

 その2つのパターンには、それぞれ、バナー情報を調査するものもしないものもあります。

 よって、バナー隠ぺいという対策がまったく効果を得られない場合もあります。極論をいえば、「しないよりは、したほうがいい」というレベルであるかもしれません。

 セキュリティ対策や製品だけに限らず世の中には、100%、完ぺきというものは、ほぼ無いといっても過言ではないでしょう。

 仮に攻撃者が1万人いたとして、その1%の100人に対してでも有効な対策であれば行うということがセキュリティ対策だと思います。あと、考慮するべきことは費用です。対策を行うための費用(時間、人件費)と望む効果をてんびんにかけて、プラスになると判断するならば、ぜひとも対策を行ってください

 それでは、今回の本題に入ろう。

Sendmailのバナー隠蔽に関する3つの方法

 Sendmailのバナー取得方法はApacheよりも多く、次の3つの経路から取得可能である。

(1)Sendmail接続時のグリーティングメッセージ(2)HELPコマンド実行時(3)メールヘッダの中身

 取得経路が3つあるということは対策も同じく3つある。それらを順番に見ていこう。

対策1:Sendmail接続時のグリーティングメッセージの隠ぺい仮想通貨カジノパチンコロンドン ハーツ 三 時間 スペシャル 見逃し

パチンコ パチスロ ドット コムk8 カジノすべてはここから始まった~SHA-1の脆弱化仮想通貨カジノパチンコ風 の 用心棒 スロット アプリ

パチンコ パチスロ ドット コムk8 カジノすべてはここから始まった~SHA-1の脆弱化仮想通貨カジノパチンコ風 の 用心棒 スロット アプリ

パチンコ パチスロ ドット コムk8 カジノすべてはここから始まった~SHA-1の脆弱化仮想通貨カジノパチンコ風 の 用心棒 スロット アプリ

乗り物 パチンコk8 カジノ SHA-1 Broken「Schneier on Security」「Schneier on Security」

スロット テキサス 2005年2月15日、世界的な暗号の権威であるBruce Schneier氏のBlog「Schneier on Security」で公表された「SHA-1 Broken」という情報は、驚きをもって世界中を駆け回った。現在、ハッシュ関数のデファクトスタンダードとして最も広く利用されているSHA-1に対して、中国・山東大学のXiaoyun Wang氏とHongbo Yu氏、セキュリティコンサルタントのYiqun Lisa Yin氏のチームが攻撃に成功したらしいというものであった。

 Wang氏とYu氏は、2004年8月にも同じハッシュ関数の仲間であるMD4、MD5、HAVAL-128、RIPEMDの攻撃に相次いで成功[参考文献1]した実績があり、またYin氏もRSAセキュリティ社在職中にRC5やRC6の開発・評価に携わるなど世界的にも有名な暗号研究者の1人である。そのため、「SHA-1 Broken」という報に接した大方の暗号研究者の反応は、彼女らがいっているというのであればまず結果に間違いはないだろう、というものであった。

 つまり、暗号研究者の興味は「本当にSHA-1の攻撃に成功したのか」ではなく、「彼女らがどのような攻撃方法を発見したのか」、さらには「SHA-1の攻撃に必要な計算量が削減できるのか」に向けられ、2005年8月に開催された世界最高峰の暗号学会であるCRYPTOでの発表[参考文献2]に注目が集まった。だが、あろうことかWang氏の米国入国ビザが下りなかったため学会不参加となり、そのときは攻撃手法の詳細が分からず、Chinese magicとさえいわれた。

 一方、米国政府の情報システムに利用する米国政府標準の暗号技術を策定する米国商務省国立標準技術研究所(NIST)は、SHA-1はまだしばらく大丈夫と思っていた節があり、それがあっさり覆った今回のWang氏の結果に少なからず衝撃を受けた形跡が見られる。ただ、幸運なことにというか先見の明があるかというか、Wang氏らの攻撃をはじめ、MD4やMD5、SHA-0などのハッシュ関数への攻撃に関する論文が多数発表されていた2004年8月時点で、すでに「SHA-1は2010年までに運用を終了し、SHA-2(SHA-224、SHA-256、SHA-384、SHA-512の総称)に移行」する計画を公表していた。

【NIST Brief Comments on Recent Cryptanalytic Attacks on Secure Hashing Functions and the Continued Security Provided by SHA-1】

http://csrc.nist.gov/NIST%20Brief%20Comments%20on%20Hash%20Standards%208-25-2004.pdf

 その意味では、今回の結果はその方針を強力に後押しすることとなった。実際、SHA-1への攻撃成功の報が流れた直後の2005年2月25日にはSHA-2への移行を実施するよう強いコメントを公表しており、その後に発行されたガイダンスにもそのことが反映されている。

【NIST Brief Comments on Recent Cryptanalytic Attacks on SHA-1】

http://csrc.nist.gov/news-highlights/NIST-Brief-Comments-on-SHA1-attack.pdf

SHA-1の脆弱性とは何か

 SHA-1は、1993年に米国国家安全保障局(NSA)が設計したハッシュ関数SHA-0の規格修正版【注1】として1995年に再設計され、NISTが規格化した米国政府標準ハッシュ関数(FIPS 180-2【注2】)である。ハッシュ長は160ビットであり、基本的な設計方法としてはメッセージ拡張関数と圧縮関数(撹拌関数の集合)とからなる構造をしている。

【注1】

SHA-0はFIPS規格化されたものの、NSAが脆弱性を発見したとの理由で規格修正が行われた。ただ、どのような脆弱性であったのかは明らかにされなかった。

【注2】

FIPS 180-2には、SHA-1のほか、SHA-2シリーズも規格化されている。しかし、現在でも一部で使われているMD5は規格化されていない。

図1 ハッシュ関数図の設計方法図1 ハッシュ関数図の設計方法

 ハッシュ関数に求められる性質として以下のものがある。

一方向性

求めるハッシュ値になるような元のメッセージを求めることが困難

第2原像計算困難性(一方向性の一種)

あるメッセージと同じハッシュ値となるような別のメッセージを求めることが困難

非衝突性

同じハッシュ値となるような2つのメッセージを求めることが困難

 ハッシュ関数に対する安全性は、非衝突性に関する安全性が上限となり、誕生日攻撃【注3】(バースデーパラドックス【注4】)による耐性によって評価される。ハッシュ関数の安全性に当てはめると、1/2(n/2)の確率(nはハッシュ長)で衝突することになり、例えば、SHA-1の場合は1/280の確率で衝突が起きることになる。このため、バースデーパラドックスの理論によって、約280回の計算を行えば高い確率で衝突するメッセージ組を少なくとも1つ作り出せる。

【注3】

誕生日攻撃法は、同一の出力値となる異なる入力値ペアを探索する際のバースデーパラドックスに基づいたハッシュ関数の攻撃手法である。

【注4】

全候補数の平方根程度の個数のデータをランダムに選択すれば、その中に同じ値を取るものが少なくとも1組、高い確率で存在するという原理。

 ところが、Wang氏らは「280回の計算」をしなくても衝突するメッセージ組を見つけ出すことができる攻撃方法を発見した。この方法を使えば、誕生日攻撃よりも約2000倍も高速な「269回の計算」で衝突するメッセージ組を見つけ出すことができる。しかも、その後も研究が進展しており、今ではさらに約100倍高速な攻撃方法も見つかっている[参考文献3]。

 非衝突性に脆弱性があると次のような攻撃が可能になる。まず、あらかじめ同じハッシュ値になる文書Aと文書Bを用意し、その一方(文書A)に正規に署名をしてもらう。その後、その署名部分を文書Bに付け替え、文書Aは破棄する。このようにすることによって、正規の署名が付いた文書Bしか残らないことになる。

図2 非衝突性の脆弱化による攻撃例 図2 非衝突性の脆弱化による攻撃例

 もっとも、現在知られているようなハッシュ関数への攻撃方法では、メッセージ組に衝突を起こすような何らかの特殊な関係をもたせることになるため、その条件を満たすような特定位置のメッセージのビットを反転させなければならない。従って、任意のメッセージについて衝突を作り出せるわけではないこと、あるいは文章として不自然なメッセージとなる可能性が高く、実際の運用でも(別の手段で)改ざんを検出できる機会はあることなどから、衝突が見つかったとしても直ちに実用上の問題になるわけではないという意見も根強い。

 その一方、ファイルの最初の方にある制御コードやパディングデータ、乱数列など、文章そのものには関係していない部分において異なる2つのメッセージがすでに衝突を起こしている場合、深刻な事例に発展する可能性も指摘されている。

 例えば、衝突が起きているそれぞれの制御データの後に付けられた文書は、その内容にかかわらず同じハッシュ値を生成する異なる2つの文書を別々に表示することができる可能性がある。実際に、2つの異なる任意の内容を表示させることができるようにPostScriptファイルやTIFFファイルなどのハッシュ値を衝突させる現実的な攻撃例が明らかにされており、MD5を利用した場合に表示されるメッセージの改ざんが行われても検知できないケースがあることが具体的に示されている[参考文献4][参考文献5]。

図3 PostScriptファイルでの現実的な攻撃例図3 PostScriptファイルでの現実的な攻撃例NISTの反応仮想通貨カジノパチンコマルハン 国母 店

1998 ワールド カップk8 カジノMylyn&Tracでリズムに乗ってタスクを大掃除♪仮想通貨カジノパチンコ勝ち やすい パチンコ 台

1998 ワールド カップk8 カジノMylyn&Tracでリズムに乗ってタスクを大掃除♪仮想通貨カジノパチンコ勝ち やすい パチンコ 台

1998 ワールド カップk8 カジノMylyn&Tracでリズムに乗ってタスクを大掃除♪仮想通貨カジノパチンコ勝ち やすい パチンコ 台

タイニー ストーリーズ 漫画k8 カジノ 最小限の管理コストで最大の「見える化」を

パチンコ あした の ジョー 甘 近年「開発の見える化」が話題となっていますが、いざやろうとするとなかなか難しいものです。

 模造紙を壁に張り付ける「タスク看板」などを利用してタスクの「見える化」を行っても、肝心のタスクの実行状況が見えなかったり……。そんなことはないでしょうか? 本当にチームメンバーのタスクを把握できているでしょうか?

 そもそも「タスク」とは、コーディングやテストといった純然たる作業や、故障処理、管理、仕様変更などの副次的な作業も含みます。開発を見える化する際に基本となる1つの単位です。

 今回紹介するMylynとTracを利用すると、タスク取得→コミット、タスク取得→コミット、……というリズムに乗った開発で、作業履歴(ログ)を残しながら各開発担当者の作業内容を明確にできます。最小限の管理コストで最大の見える化を。世にも不思議なMylynマジック、とくとご覧ください。

世にも不思議なMylynマジックとは?

 本稿では、MylynとTracを利用したタスクの見える化をご紹介します。MylynとはEclipse 3.3(Europa)から標準でEclipseのディストリビューションに新たに同梱されたタスク管理のためのプラグインです(詳細「Mylynとおともだち(Eclipse Plugin 開発勉強会)」)。

 Eclipseディストリビューションに同梱されたことにより、今後のEclipseによるソフトウェア開発スタイルを変える肝となるプラグインとして注目されています。

 Mylynは、個人のタスク管理に利用することもできますが、Bugzilla、JIRA、TracなどのBTS(Bug Tracking System)やITS(Incompatible Timesharing System)と連携すると、チームのタスク管理を効率的に行えるようになります。

Mylyn&Trac、そしてSubversionで最強トリオ

 本稿では、Tracとの連携を例に取って、Mylynによるタスク管理をご紹介します。TracやMylynの本質的なところはあまり紹介せずに、組み合わせるとどのように開発が変わるのかに重点を置いてご紹介します。

コラム「いまさら聞けない、Tracとは?」

Tracとは、スウェーデンEdgewall Software社で開発され、Ruby on Rails(詳細は「Ruby on Railsのチームから学ぶ仕事術」)やSpring IDEなどで利用されているプロジェクト管理ツールです。Wikiや構成管理ツールであるSubversionと連携できるのが特徴となっています。

また、Eclipseのようなプラグイン・アーキテクチャを採用しており、ユーザーによって柔軟に拡張できるという特徴があり、数多くのプラグインが提供されています。オープンソースプロダクトのホスティングサイトであるsf.jpやGoogle CodeのWikiがTracのWikiと類似した構文を取るなど、オープンソースプロダクトに対するTracの影響は計り知れません。

最近の目新しいトピックとしては、ソースコード共有プロジェクトCodeReposで利用されています。OpenJDKプロジェクトでSubversionに代わって採用された分散型のSCMであるMercurialをTracで利用するプラグインが開発されるなど、オープンソースの先進的な取り組みにはTracが欠かせない存在となっています。

Edgewall Software社で配布されているTracは日本語には対応していませんが、インタアクト株式会社により日本語化されたtrac-jaが提供されています。また、trac-jaをベースにWindows上にTracを簡単にインストールするオールインワンパッケージとして、All In One TracやTrac月(後述)が提供されています。

拡張コンポーネントについては、trac-hacksや日本人の有志によりプラグイン開発を行っているShibuya.tracをご覧ください。

 Tracを利用する際に、Tracのデフォルトの構成管理ツールであるSubversion(以下、SVNと記述)を利用します。SVNを利用するEclipseプラグインとしては、SubclipseとSubversiveがありますが、ここではSubversiveを利用します。Subversiveの詳細については、連載第15回「バージョン管理に便利なSubversiveプラグイン」をご覧ください。

 筆者は、上記の記事を読まなくとも分かるように本稿を執筆したつもりですが、上記の解説をお読みいただくとより理解が深まるかと思います。

Mylyn&Tracによるタスク管理の概要

 TracとMylynによるタスク管理の概要を図1に示します。ちなみに、タスクはMylyn上では「タスク」と表現されますが、Trac上では「チケット」と表現されます。ほかのツールでは、「ワークアイテム」と呼ばれることもあります。

図1 MylynとTracによる作業イメージ図1 MylynとTracによる作業イメージ(画像をクリックすると拡大します)

 ここでは、タスクを作成、確認するリーダーと、タスクを実施する開発担当者のロールに分けて説明します。便宜上、分かりやすくするためにロールを分けているだけで、実際の開発では、開発担当者が課題やバグをチケットとして作成することもありますし、リーダーもチケットに登録された作業を行うこともあるので、注意してください。

 Mylynを利用した開発の流れは、リーダーによる【1】タスクの作成、開発担当者による【2】タスクの取得、【3】タスクの実行、【4】コミット、最後にリーダーによる【6】作業内容の確認とクローズとなります。それぞれ詳しく見ていきましょう。手順【1】~【6】の作業例はセットアップ後に解説します。

【1】タスクの作成(リーダー)

 リーダーは、タスクを作成しチケットとしてTracへ登録します。タスクの作成は、Mylynを利用してEclipse上で行うこともできますし、Webブラウザ上から作成することもできます。

 Mylyn上からタスクを作成すると、作業に必要なファイルを「コンテキスト」としてタスクに割り当てることができます。コンテキストの詳細については、後ほど説明します。

【2】タスクの取得(開発担当者)

 開発担当者はタスクのリストを取得し、これから実行するタスクを活性化します。活性化すると、Mylynは開発担当者が現在行っているタスクを認識します。

【3】タスク実行(開発担当者)

 タスクをEclipse上で実行します。実行中に編集したファイルはコンテキストに結び付けられ、そのタスクにおける作業内容として記録されます。

【4】コミット(開発担当者)

 タスクを完了したら、コミットを行います。コミットを行うと、コミットログに活性化されたタスク情報が自動的に挿入されます。開発担当者は、作業内容をコミットログに追記しコミットします。

【5】変更履歴の追加(自動的に実行)

 タスクに対応付けられたコミットログがTracのチケット(タスク)に追加されます。この作業はSVNのフックスクリプトにより自動的に実行されます。

【6】作業内容の確認とクローズ(リーダー)

 リーダーは作業内容を確認し、タスクをクローズします。Tracのタスクの履歴としてコミットログと差分(チェンジセット)が記述されていますので、タスクの履歴とコミット内容を確認し、問題がなければクローズします。

 問題があれば、開発担当者に修正するように指示を出し、開発担当者は手順【2】から繰り返すことになります。

TracとMylynによるタスク管理の最大の利点

 TracとMylynによるタスク管理の最大の利点は作業内容をコミットログとして追加できることです。SubversiveやSubclipse単独でもコミットログをタスクとひも付けできますが、開発担当者がコミットする差分がどのタスクに対応付くのか確認し、コミットするときにタスクIDを入力する必要があります(図2赤字の部分)。

図2 Mylynを利用しない場合の作業内容とタスクのひも付け図2 Mylynを利用しない場合の作業内容とタスクのひも付け

 Mylynを利用すると、開発担当者はタスクを取得(活性化)してコミットするだけでよいので、コミット時にわざわざタスクにひも付ける必要がなくなるのです。

 手動でひも付けると、タスクIDの入力漏れや写し間違いが発生しますが、Mylynを利用すれば自動的に挿入してくれるので、開発担当者の負担を減らすことができます。

 また、タスクの作成をコンソールのログ出力から行えるようになり、バグなどでエラーメッセージが発生した場合、スムーズにバグを登録できます。

 次のページでは、MylynとTracの環境を構築して大掃除に備えます。

Mylyn&Tracの環境を構築して掃除道具を整える仮想通貨カジノパチンコcl 賞金

宝くじ ナンバーズ 3 予想k8 カジノバッチ処理はJavaでバッチリ?その現状とこれから仮想通貨カジノパチンコ豊橋 の パチンコ 店

宝くじ ナンバーズ 3 予想k8 カジノバッチ処理はJavaでバッチリ?その現状とこれから仮想通貨カジノパチンコ豊橋 の パチンコ 店

宝くじ ナンバーズ 3 予想k8 カジノバッチ処理はJavaでバッチリ?その現状とこれから仮想通貨カジノパチンコ豊橋 の パチンコ 店

エル ドア カジノ ローリング チップk8 カジノ バッチ処理の変遷

鹿児島 パチスロ 優良 店 Javaの登場以来、ホストコンピュータ、専用サーバなどで動いていた数多くのレガシー(既存資産)システムが、Java環境へ移行してきました。Web上のオンラインアプリケーションにおいては、特にJavaの活躍の場が増えたといってもよいでしょう。

 その中でも移行が遅れており、旧来のマシン環境、旧来の言語での利用が続いてきたものに「バッチ処理」が挙げられます。

■そもそも「バッチ処理」とは何か?

 ここでいうバッチ処理はWindowsのバッチファイル(.bat)を示すのではありません。大量のトランザクションデータを扱い、大量のデータを順次処理することを示します。

編集部注:バッチ処理について詳しく知りたい読者は、@IT情報マネジメント用語事典の[バッチ処理]をご参照ください。

 また、バッチ処理の実行は一定の処理時間内に完了することが求められます。さらに、異常時には正確に状況を把握することが必須となっています。

 バッチ処理は、ある業種においては現在もなくてはならない仕組みながらも、従来のJava環境ではおざなりになってきた分野だといえます。

 Webアプリケーションがイメージする大規模アクセスや運用の形態と、金銭情報などを1件の漏れもなく、大量のデータを規定時間内に確実に処理するバッチ処理とでは、考え方やアプローチがまったく違うことにも起因しています。

 また、バッチ処理自身が、スケジューリングされ比較的長時間実行するアプリケーションであるということも、その特殊性を表しています。

Javaがバッチで使えるのかという不安感が変化してきているNew I/O API(java.nioパッケージ)により、大量、多数のファイルの読み書きの性能向上テストの自動化の手法やテストツールも充実してきたクライアントサイド、サーバサイドでのJava実行性能の向上最新のハードウェアに対応した実行環境がメンテナンスされているという安心感既存の環境で必要十分だという旧来までの安心感が変化してきている習熟したCOBOL(バッチ処理によく使われる言語)技術者の確保が難しくなってきているハードウェアのリプレイスの際に、旧来と同じ環境を確保しにくくなっている開発スタイルの変化や、オンラインアプリケーションとの連携の重視最新のハードウェア、ソフトウェア環境で実行した方が素早く安価に実行完了できることSpring Batchの登場Spring Batch(エンタープライズ・バッチアプリケーション・フレームワーク)のサイトSpring Batch(エンタープライズ・バッチアプリケーション・フレームワーク)のサイト■Spring Batchとは?

 Spring Batchとは、Interface21とAccentureが共同で開発したSpring用のバッチフレームワークです。今年のJavaOneで初めて披露されました(参照)。

編集部注:Springについて詳しく知りたい読者は、記事「DI:依存性の注入とは何か?」の「Spring Frameworkとは」をご参照ください。

 Spring Batchはバッチ処理用として標準化され、主にエンタープライズ分野で採用してもらうために作られたオープンソースのフレームワークです。バッチの最適化や、障害時のリトライや、規模が拡大したときのスケール対策、負荷分散などにも有効です。

 一方、Spring Batchにはまだまだ難しいこと、面倒なことも残っています(作り方次第で、うまく回避できることですが)。起動時にパラメータを受け渡したり、常駐プロセス化をするのが面倒です。状況に応じて、バッチ内での処理を動的に切り替えたりすることはバッチの性格上不得意な事柄であることは確かです。

 また、Spring Batchの利用には大量に複雑なXML設定ファイルを用意しなければいけません。バッチ処理の規模がSpring Batchフレームワークを利用するに値する規模であるかどうか、正確に見極める必要があります。

 さらに、現状のSpring Batchが出力するログ情報は比較的少ないため、実運用には何らかの補助、追記が必要な場合もあることを念頭に置いておいてください。

Spring Batchの用途と機能バッチプロセスを定期的にコミット同時バッチ処理:ジョブの並列処理段階的、エンタープライズ向けメッセージ駆動型処理大規模並列バッチ処理処理を失敗した後の手動またはスケジュール設定された再起動相互依存した処理の順次処理(ワークフロー主導型の拡張機能)部分的な処理:レコードをスキップした処理(例:ロールバック)全バッチトランザクション:簡単なデータモデルや小さいバッチサイズ条件用Javaバッチ処理関連の製品とオープンソース

 ほかにも、Javaのバッチ処理のための製品やオープンソースがいろいろとありますので、参考にしてみてください。

■日本HP、サンモアテック「SUNBATCH」サンモアテック「SUNBATCH」のサイトサンモアテック「SUNBATCH」のサイト

 SUNBATCHのWorkerクラスを拡張してバッチ処理を実装。ジョブ定義はXMLファイルを記述して行う(参照)。

■メディア情報開発「ParallelFrame」ParallelFrameのサイトParallelFrameのサイト

 COBOLバッチのアルゴリズムをJavaバッチで再構築できるフレームワークが用意されている。「仕様書ジェネレーター」なるユーティリティも付属。

■NRI「オブジェクトワークス/BT JobManager」NRI「オブジェクトワークス」のサイトNRI「オブジェクトワークス」のサイト

 J2EE(Java EE)基盤上に必要なジョブの実行制御機能を提供。「ジョブの実行要求」「ジョブのキューイング」「ジョブの実行情報管理」「ジョブのイベント通知」などの機能を持つ。

■NTTデータ「TERASOLUNA Batch Framework for Java」NTTデータ「TERASOLUNA」のサイトNTTデータ「TERASOLUNA」のサイト

 オンライン・アプリケーションからの起動やジョブ・スケジューラからの起動など、さまざまなジョブ起動のバリエーションをサポートするフレームワーク

■ワイ・エス・ピー「Web Solid Framework」ワイ・エス・ピーサイト内にあるWSF(Web Solid Framework)の構成ワイ・エス・ピーのサイト内にあるWSF(Web Solid Framework)の構成

 同社の「BJF(Btach Job Framework)」と連携してJavaのバッチ処理を実現するフレームワークソリューション。

■「Java Batch System」SourceForge.netの「Java Batch System」のサイトSourceForge.netの「Java Batch System」のサイト

 NQS(Network Queuing System、CPUやメモリ領域の制限や実行形態により最適なキューを選択して、バッチジョブをバッチシステムにキューイングする機能)とPBS(Portable Batch System、各ユーザーにCPUやメモリ領域を適切に割り振り、バッチジョブの管理を効率的に行うための分散型リソース管理システム)をサポートしたJavaによるオープンソースのバッチシステム。

■blanco Framework「blancoBatchProcess」blancoBatchProcessのサイトblancoBatchProcessのサイト

 オープンソースのコード自動生成フレームワークblanco Frameworkのツールの1つで、バッチ処理の定義書(xlsファイル)からバッチ処理を行うJavaのソースコードを自動生成する。

編集部注:blanco Frameworkについて詳しく知りたい読者は、記事「お決まりコードを設計書から自動生成するblancoCsv」の「開発現場の犠牲者削減、blanco Frameworkとは?」をご参照ください。

Javaによるバッチ処理の将来は?

 先進的な企業ではバッチ処理にJavaを用いる企業はありましたが、独自の実装や独自のフレームワークを用いていることがほとんどでした。今後はSpring Batchのような標準化されたバッチフレームワークが進化していくことにより、ノウハウの蓄積や、運用経験などが積み重ねられることが期待されます。

 では、バッチ処理をSpring Batchなど新規フレームワークで置き換える場合、注意が必要な事項をいくつか挙げておきましょう。

バッチ処理をフレームワークに置き換える際の注意点実際に開発したバッチ処理を運用・管理する部門はどこなのか? 運用・メンテナンスを行うメンバーと十分協議し了解を得ておくこと。開発者側の勝手な都合で、フレームワークの採用を決めてしまわないことバッチ処理の規模や、パフォーマンス要件など、運用に際して必要条件を明確にし、さまざまな観点から十分余裕のある開発を行うこと障害時の復旧や再起動における手順など、さまざまな条件下における対応策が練られており、マニュアル化しておくこと。必ずしも開発担当者が障害を担当するわけではない十分なテスト計画、負荷テスト、網羅テスト、長時間安定テストを行うこと今後何年間使い続けるシステムなのかを考えたうえで、ハードウェアのリプレイスや、規模のスケールに対応した運用計画を練っておくこと

 Javaの実効性能の向上や、技術者層の広がり、メンテナンス性を考えると、バッチ処理関係においても今後Javaへの移行はますます進むと考えられます。懸念事項を1つ1つ払拭(ふっしょく)し、新しい技術を最大限に活用していってほしいものです。

 次回は 2008年1月中ごろに公開の予定です。内容は未定ですが、読者の皆さんの興味を引き、役立つ記事にする予定です。何か取り上げてほしい内容などリクエストがありましたら、編集部や@ITの掲示板までお知らせください。次回もどうぞよろしく。

プロフィール

安藤幸央(あんどう ゆきお)

安藤幸央

1970年北海道生まれ。現在、株式会社エクサ マルチメディアソリューションセンター所属。フォトリアリスティック3次元コンピュータグラフィックス、リアルタイムグラフィックスやネットワークを利用した各種開発業務に携わる。コンピュータ自動彩色システムや3次元イメージ検索システム大規模データ可視化システム、リアルタイムCG投影システム、建築業界、エンターテインメント向け3次元 CG ソフトの開発、インターネットベースのコンピュータグラフィックスシステムなどを手掛ける。また、Java、Web3D、OpenGL、3DCG の情報源となるWebページをまとめている。

ホームページJava News.jp(Javaに関する最新ニュース)

所属団体OpenGL_Japan (Member)、SIGGRAPH TOKYO (Vice Chairman)

主な著書「VRML 60分ガイド」(監訳、ソフトバンク)「これがJava だ! インターネットの新たな主役」(共著、日本経済新聞社)「The Java3D API仕様」(監修、アスキー)

仮想通貨カジノパチンコ大阪 パチ 屋 周年

ガルパン 新台k8 カジノディスクの故障をイベント・ログで確認する(ハードディスクの壊れかけの兆候に注意する)仮想通貨カジノパチンコマクロス スロット 初代

ガルパン 新台k8 カジノディスクの故障をイベント・ログで確認する(ハードディスクの壊れかけの兆候に注意する)仮想通貨カジノパチンコマクロス スロット 初代

ガルパン 新台k8 カジノディスクの故障をイベント・ログで確認する(ハードディスクの壊れかけの兆候に注意する)仮想通貨カジノパチンコマクロス スロット 初代

転生 したら スライム だっ た 件 コミック 新刊k8 カジノ Tech TIPSWindows Server Insider

北斗 無双 3 プレミア

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003

解説をスキップして操作手順を今すぐ読む→

解説

 ディスクが故障すると、データが失われたり、システムが起動しなくなったりするなど、その影響は非常に大きい。本TIPSでは、ディスク・エラーの発生を確認する方法についてまとめておく。

●ディスク・エラーの兆候を知る

 ディスクは、コンピュータを構成するパーツの中でも、比較的故障を起こしやすいデバイスである。環境や利用状況にもよるが、何十台もコンピュータがあれば(つまりディスクが何十台もあれば)、年に1台や2台のディスクが故障し、データが読み出せなくなったり、最悪の場合はシステムが起動しなくなったりするなどのトラブルが発生しているのではないだろうか。

 ディスクの故障は予測が困難であり、実際にエラーが発生してから気が付くことが多い。最近のディスクはS.M.A.R.T.機能(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology。ディスクのエラーを予測し、報告する自己テスト機能)を持ち、ディスクのエラーを予測することも不可能ではないが、この機能は一般的にはシステムの起動時(BIOSのPOSTシーケンス時)にしかチェックされないし(ただしWindows OS上から利用できるS.M.A.R.T.ツールもあるし、OSが対応している場合もある。詳細は今後別TIPSで取り上げる)、ディスクの接続方法によっては利用することはできない(例:USB接続時など)。そのため、エラーが発生してから、ディスクの故障に気付くことが多い。

 ディスクにエラーが発生すると、例えばファイルのコピー処理が一時停止したり、アプリケーションでファイルを保存しようとしたときに、スムーズに終了せず、数秒間応答が停止したりする。最悪の場合は、コピーの途中でエラー・メッセージが表示され、中断せざるを得なくなることもある。

 この症状が1回だけなら、ほかのプロセスの影響やネットワークの混雑などが考えられるが、同じ操作を繰り返した場合にやはり同様に再発するようなら、ディスクの故障が考えられる。このような場合は、ディスクにエラーが発生していないかどうかを確認するとよい。

操作方法●イベント・ログでエラーを確認する

 Windows OSでは、ディスクに回復不可能なエラーが発生した場合、イベント・ログにエラーが記録される。具体的には、次のようなエラーがイベント・ビューアのシステム・ログに記録される。

ディスク・エラーが記録されたイベント・ログの例(その1)ディスク・エラーが記録されたイベント・ログの例(その1)ディスク・アクセスに回復不可能なエラーが発生した場合、このようなエラーがイベント・ビューアのシステム・ログに記録される。これらのエラーが連続して記録されているようなら、ディスクやディスク周辺回路などに、恒常的で回復不可能な故障が発生していると考えられる。これは、D:ドライブで読み出しエラーが発生した場合の例。 (1)イベント・ビューアでシステム・ログの内容を確認する。 (2)「種類」が「エラー」となっているイベントに注目する。 (3)さらに「ソース」が「disk」や「atapi」など、ディスク(およびその周辺デバイス)になっているイベントを探し、その内容を確認する(ダブルクリックして、詳細な内容を確認する)。▼ディスク・エラーが記録されたイベント・ログの例(その2)ディスク・エラーが記録されたイベント・ログの例(その2) (4)ログに記録されたディスク・エラーの詳細例。この場合は、D:ドライブのアクセス(コピー)でエラーが発生していた。 (5)エラーの詳細な内容。「コントローラ エラーを検出しました」のほか、「パリティ エラーを検出しました」「タイムアウト期間内に応答しませんでした」などが表示されることもある。

 Windows OSではディスクのエラーが発生しても、このようにイベント・ログに記録されるだけであり、例えばシステムのビープ音が鳴るなどの機能はない。そのためエラーに気付かないことも多いので、ユーザー自身で注意するしかない。

 特にサーバOSの場合、システムにログオンせずにネットワーク経由で利用することが多いため、デスクトップPCよりも気付きにくい。それでも、ネットワーク経由のアクセス(データの読み書きなど)がいつもより少し待たされるなどの兆候は確認できるので(ただし注意深いユーザーでなければ気付かないかもしれない)、その場合は、サーバのログを確認するなどの措置を取る。またサーバ監視ソフトウェアやイベントのクエリ・ツールなどを使って、diskやatapi関係のエラー・イベントを検出させるのもよいだろう。

 なお、サーバOSの持つソフトウェアRAID機能を使っている場合、エラーが発生してもアクセスを継続できるが(例:RAID1ならば2台のうちの1台が故障しても継続動作できる*1)、やはり特別な警告音などは発生してくれないので(ログには記録される)、管理者は常にシステム・ログに注意を払う必要がある。さもないと、2台目まで壊れてから初めてエラーに気が付くことにもなりかねない。

*1 Windows OSのソフトウェアRAIDの場合、エラーのあったディスクに対して何度か再試行してから、別の正常なディスクへアクセスすることがある(最初にアクセスしたディスクがエラーを起こしていた場合)。そのため(見かけ上)アクセスが非常に待たされ、遅くなる。エラー時にすぐにディスクを無効化して切り離せば、この無駄な再試行がなくなるはずだが、そうはなっていないようだ。

 その点専用ハードウェアRAIDシステムならば、エラー時は速やかにディスクの無効化、切り替えが行われるので、再試行で待たされることはない。また専用RAIDシステムでは、ディスク・エラーが発生するとボード上のブザーを鳴らす機能を持っているものがあるので、エラーの発生が分かりやすくなっている(安価なRAIDボードではこの機能は持っていないものもある)。信頼性や保守/運用性を求めるなら、このようなシステムの導入を検討するとよい。

●詳細なエラーの確認とテスト

 以上のようなイベントがシステム・ログに記録されていれば、ディスク(もしくはディスク周辺回路)に故障が発生していると考えられる。ただし一時的なものかもしれないので、しばらく待ってからもう1度アクセスしてみるとか、システムを再起動してから、もう1度確認するなどの措置を行うべきだろう。またディスク本体の故障ではなく、例えばケーブル(もしくはディスクI/O周りのチップセットなど)が劣化、故障したことも考えられる。ケーブルの交換や、ケーブルの装着方法の再確認なども行っておくとよいだろう(実際手元の古いシステムでは、ケーブルの取り替えでエラーが解消したケースもあった)。

 エラーの発生が確認できた場合は、さらにディスクの詳細なテスト(診断)を行うとよい。ディスクを診断するにはいくつかの方法があるが、例えばシステムによってはBIOSメニューにディスクの診断機能が用意されていることがあるので、それを利用する。そのような機能がない場合は、ディスク・ベンダが提供している診断ツールを利用するとよいだろう。例えばHGST社製ディスクの場合は「Drive Fitness Test」ツール、Seagate社製の場合は「SeaTools」ツールが利用できる。そのほかのベンダや、診断ツールの使い方などに関しては、以下の記事などを参照していただきたい。

PC HINTS「ハードディスクの故障を手早くチェックする方法」(System Insider)●エラーが見つかった場合の処理Windows Server Insiderの関連記事・エラーを無視してファイルをコピーする(壊れかけたディスクからのファイル救出)

 ディスク診断ツールなどを利用して、ディスク自体にエラーが発生していることが確認できたら、そのディスクの使用を中止して、新しいディスクに交換する。経験的にいえば、ディスク自体にエラーが発生した場合、エラーの領域が短期間(数日とか数週間)の間に拡大して、データが読み書きできなくなったり、システムやアプリケーションが正常に利用できなくなったりする。その前に、必要ならば右上の関連記事にある方法などを使って、必要なデータを回収するとよい。

■この記事と関連性の高い別の記事

エラーを無視してファイルをコピーする方法(壊れかけたディスクからのファイルの救出)(TIPS)diskpartのcleanコマンドでディスクの内容を消去する(TIPS)仮想マシンにおける差分ディスクと復元ディスクの違い(TIPS)Hyper-V 2.0で仮想SCSIディスクを動的に追加する(TIPS)Microsoftへのエラー報告ダイアログを無効にする(TIPS)「Tech TIPS」のインデックス

「Tech TIPS」

仮想通貨カジノパチンコj スポーツ ラグビー テーマ ソング

マリーン バトルk8 カジノ第1回 Windows Server 2003 R2の概要仮想通貨カジノパチンコビット フライヤー ビット コイン 送金 時間

マリーン バトルk8 カジノ第1回 Windows Server 2003 R2の概要仮想通貨カジノパチンコビット フライヤー ビット コイン 送金 時間

マリーン バトルk8 カジノ第1回 Windows Server 2003 R2の概要仮想通貨カジノパチンコビット フライヤー ビット コイン 送金 時間

レトロ パチンコ 台 販売k8 カジノ 特集Windows Server Insider

リオデカーニバル スロット

「特集」のインデックス

連載目次

 マイクロソフトは2006年2月3日、サーバ向けOS、Windows Server 2003の更新版であるWindows Server 2003 R2日本語版の提供を開始した。

Microsoft Windows Server 2003 R2 日本語版をパートナー企業と共に提供開始(ニュース・リリース)

■連載目次

第1回 Server 2003 R2の概要第2回 ディスク・クォータ機能第3回 分散ファイル・システムDFS

 このWindows Server 2003 R2では、前版のWindows Server 2003 SP1(Service Pack 1)をベースとして、一部の機能が強化、拡張されている。具体的には、本店-支店間での共有フォルダ機能の強化や、アウトソース先のユーザーをActive Directoryで認証し、認証ベースでのWebアプリケーション利用を容易にするActive Directoryフェデレーション・サービス(ADFS)の追加、フォルダ単位での管理を可能にしたクォータ機能、最新の.NET Framework 2.0の標準搭載などだ。

Windows Server 2003 R2Windows Server 2003 R2Windows Server 2003 SP1に対していくつかの機能をアドオンしたもの。新機能を利用しなければWindows Server 2003 SP1とほぼ同じである。そのためSP1向けのプログラムはほとんどそのまま、何もせずにR2上で利用できる。バージョン表記もSP1のままである(ビルド番号も同じ)。(CD-ROM版の)インストール・メディアはCD-ROM 2枚組となっており、1枚目がほぼ従来のWindows Server 2003 SP1、2枚目にR2関連のコンポーネントとなっている。バージョンアップ・パスはなし。ただしCALは共通

 今回のWindows Server 2003 R2の発売により、従来版Windows Server 2003 SP1の発売は2006年2月いっぱいで終了となる。Windows Server 2003 R2の価格はこれまでと同じく、Standard Editionが17万6000円(推定小売価格。5CAL付きパッケージ)、Enterprise Editionが44万9000円(同。Open Businessライセンス)である。従来版からR2への安価なバージョンアップ・パスは提供されない(ソフトウェア・アシュアランス契約の場合は無償でバージョンアップ可能)。R2以前のWindows Server 2003から、R2にバージョンアップするには、R2を正規の料金で購入する必要がある。ただしサーバにアクセスするためのCAL(クライアント・アクセス・ライセンス)は同一なので、R2にバージョンアップしたからといって、CALを再購入する必要はない。

Windows Server仮想インスタンスを最大4個までサポート

 Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition(以下EE)では、仮想環境向けのWindowsサーバ利用ライセンスが拡張され、1つのWindows Server 2003 R2 EEライセンスで、最大4つまでのWindows Server 2003 R2 EE仮想インスタンスの利用が認められるようになった。サーバの負荷に注意する必要はあるが、これで効率的なサーバ統合が可能になるだろう。

 例えば1つのWindows Server 2003 R2 EEとVirtual Server 2005 R2 EEを1台のハードウェアにインストールした場合(それぞれ1ライセンスずつ必要)、その上に4つの仮想マシン環境を構築し、それぞれのゲストOSとしてWindows Server 2003 R2 EEを追加ライセンスなしでインストール/実行することができる。ダウングレード権を活用すれば、ゲストOSのWindows Server 2003 R2 EEの代わりに、Windows Server 2003 EEやWindows 2000 Server、Windows NT Server 4.0も利用できる。

Windows Server 2003 R2のダウングレード権(マイクロソフト)Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition で提供される仮想化環境におけるライセンス メリット(マイクロソフト)R2で何が変わるのか?

 以下本稿では、Windows Server 2003 R2での追加された新機能や強化された機能の概要について解説する。第1回である今回は、Windows Server 2003 R2の主要な強化点を全般的に紹介する。そして次回以降では、今回ご紹介した機能の中から重要なものをいくつかピックアップし、さらに掘り下げて解説する予定である。

 新しいWindowsサーバOSのポテンシャルはどのようなものか、新機能や機能強化点は具体的にどのような場面で生きるのかを、システム管理者の視点から探ってみよう。

Windows Server 2003 R2の新機能(1)仮想通貨カジノパチンコjfa カレンダー

カジノ エックス フリー スピンk8 カジノメールは信頼できても信用できない仮想通貨カジノパチンコ妖怪 三国 リセマラ

カジノ エックス フリー スピンk8 カジノメールは信頼できても信用できない仮想通貨カジノパチンコ妖怪 三国 リセマラ

カジノ エックス フリー スピンk8 カジノメールは信頼できても信用できない仮想通貨カジノパチンコ妖怪 三国 リセマラ

取引 所 キャンペーンk8 カジノ

パチスロ 平均 投資 額 ほとんどの人が、メールを送信するときには相手が読んでくれると勝手に信じ、受信したときには差出人と内容が正しいと勝手に信じて、メールというシステムを使っている。

メールの動作は誰も保証していない

 インターネット上で利用されているものの中で、Webと同じく普及しているのがメールである。わざわざ「電子メール」や「Eメール」といわずとも、「メール」で通じるようになってから何年もたっている。

 利用者の大半が、メールというシステムの仕組みを知らずに使っている。それは、世にあるほかの便利な道具類と同様に、「知らなくても不都合が生じないから」といったところだろう。確かに、水や電気などのインフラ、車やコンピュータなどの機械、郵便や宅配便などのサービスは、利用者がその仕組みを知らずとも信頼するメーカーや運営会社があり、動作や品質について保証しているので安心して使うことができている。

 しかし、メールはどうだろうか。

 インターネット全体やメールという仕組みを運営している組織は存在しない。メールサーバや回線、アプリケーション、OSなどは誰かが保証してくれるかもしれないが、メールという仕組みは誰も保証していないのだ。インターネットはそういうものなのだ。

 仕組みも知らない、誰も動作を保証していない、それなのにメールを送る側も、受け取る側もそれまでの利用経験だけでメールを信用している。送信者はメールが確実に相手に届いて読まれていると信じている。受信者はメールに書かれている差出人と内容が正しいと信じているのだ。

出したメールは必ず読まれていると信じている

 メールという仕組み全体は誰も保証していないと書いたが、あらゆるところで信頼性を高めるためにさまざまな技術が使われていて、実際、送信したメールはほぼ100%の確率で受信者側のメールサーバまで到達している。相手のメールサーバまで届いているのにメールが読まれていない可能性があるのは、次のような問題があるからである。

図1 メールが相手に届かないのは……図1 メールが相手に届かないのは……

 ここ何年かで急激に増えている迷惑メールのために、会社やISPなどではメールサーバ上でスパム対策やウイルス対策として何らかのフィルタリングを行っていることが多い。また、個人のPCにも同様のアプリケーションが入っていることもある。これらの対策はフィルタリングを行った結果、メールの振り分けなどを行い、ユーザーに知らせることなくメールをゴミ箱に直行させることもある。

 送信したメールは相手の近くか手元まで届いたが、読まれるには至らなかったということだ。このほかにも送る相手を間違えただとか、ハードディスクが物理的に壊れたとか、受信者が単に読まなかったという話もあるだろうが割愛させていただく。

 筆者自身も、必要なメールをごみ箱で発見してしまった経験が何度かある。もしかすると、スパムフィルタなどが標準となりつつある昨今では、フィルタに引っ掛かってしまうようなメールを書いた方が悪いと考えなければならないのだろうか。しかし、送信者が確実に相手に届いていると信じている以上はそういうわけにもいかず、筆者は定期的にごみ箱をのぞくようにしている始末である。

届いたメールの差出人と内容は絶対に正しいと信じている

 フィッシング詐欺やウイルスのたぐいが横行したおかげなのか、メールの差出人(メールの「From:」欄)を偽ることができるということを知っている人は多い。あまりにも怪しい内容のメールや、パスワードやクレジットカード番号などの重要な情報を要求するメールの差出人を100%信じられない人もいるだろう。

 大きなうそが書かれていれば、メールが詐称されたものだと疑うかもしれない。しかし、小さなうそ、例えば差出人が同僚で、「会議は13時開始から16時開始に変更になった」という程度の偽メールならば、同僚が同じフロアにいたとしても真偽を確認すらしないかもしれない。

 メールは簡単に詐称できる仕組みである。だからといってすべてのメールを疑って調べにかかると不便でしょうがない。なので、基本的にはメールに書かれている差出人と内容は正しいと信じるしか仕方がないのかもしれない。

 だが、そうもいってられない状況がやってくる。日本版SOX法(通称)の施行である。企業などでは会計監査のために必要な取引の証拠にメールも含まれるようになるという。そのため、メールを安全に保管しておくことが必要になる。

 しかし、送信者はいくらでも差出人や内容を詐称したメールを送りつけることができる。例えば、偽の注文書のような会計を混乱させる書類を添付して、取引先の人物になりすましてメールを送る。その偽メールが保管されていたために、後日、受け取った企業は困ったことになるという話も現実に起こるかもしれない。

 また、受け取った人間はおかしいと思って書類を会計処理に回さなかったとしても、何年後かにそのメールだけが生きてきて(保管されていて)、証拠として扱われるかもしれない。そのとき、担当者が退社していたら、そのメールが詐称されたものかどうかの判断材料は少なくなるだろう。

“普通”のメールの真偽を確かめる決定的な技術がない

 DomainKeysやSender IDなどの送信ドメイン認証や、S/MIMEなどを利用した電子署名や暗号化など、送信者側が「自分は正しい」とアピールする方法はある。しかし、多くのメールはそういった技術を使わずに送信されている。そのような“普通”のメールの真偽を確認するための決定的な技術はなく、真偽を確かめることは難しい。また、詐称されてしまった人が、偽メールの存在に気が付くことも難しい。

 企業内インフラからのメール送信時に、差出人に応じて自動的に電子署名を付加して送信するソリューションもあるが、まだまだ差出人の身元を保証することは面倒で、送受信者ともに不便を強いてしまう仕組みしかない。しかし、それなのに受信者は差出人と内容を正しいと信じているのだ。

 もしかすると筆者の名前をかたったメールがどこか知らないところでやりとりされているかもしれないが、それを知る由もない。普段から私がメールを送るときには常に電子署名を付けるなどして、そういう人だということを印象付けておき、身元を確認する手段が何もないメールは偽物だと受信者に知ってもらうなどの努力をしないといけないのだろうか。

 メールの配送システム自体はある程度は信頼できるので、利便性のためには信用できずとも、このまま使い続けるしかないのが現状のようだ。笑い話にしておきたいが、「さっき、こんなメールを送ったよ」「こんなメール送った?」と電話やFAXなどで確認することは、場合によっては必要なのかもしれない。

Profile

上野 宣(うえの せん)

1975年京都生まれ。情報セキュリティを世に広げるべく、講演や執筆活動とさまざまな方面で活動中。近著に「今夜わかるメールプロトコル」、「今夜わかるTCP/IP」、「今夜わかるHTTP」(共に翔泳社)がある。

「SecurityTrust ウォッチ」バックナンバー 今夜こそわかる安全なSQLの呼び出し方 ~ 高木浩光氏に聞いてみた「わざと脆弱性を持たせたWebアプリ」で練習をPerl Mongersはセキュリティの夢を見るか?誰がシステムのセキュリティを“大丈夫”にするのか技術は言葉の壁を越える! Black Hat Japan 2008&AVTokyo2008(後編)技術は言葉の壁を越える! Black Hat Japan 2008&AVTokyo2008(前編)キャンプに集まれ! そして散開!売り上げ重視か、それともセキュリティ重視か!? 「安全なウェブサイト運営入門」CeCOS IIにみるネット犯罪のもう一方の側面セキュリティ対策の行き着くところは……最終手段? 京都に究極のセキュリティ対策を見た人はオレを情報の破壊神と呼ぶ せめて、ハードディスクの最期はこの手で……セキュリティ社会科見学:インターネット物理モデルでセキュリティを考えたセキュリティ自由研究:この夏、グミ指を作ってみないかWebアプリケーションを作る前に知るべき10の脆弱性セキュリティを教える人に知ってほしい 基本が詰まった1冊セキュリティのバランス感覚を養うための1冊暗号化仮想ドライブで手軽にファイルを暗号化Windows管理者必携、Sysinternalsでシステムを把握する今夜分かるSQLインジェクション対策「取りあえず管理者アカウントで」という思考停止はもうやめようCSSクロスドメインの情報漏えいの脆弱性「CSSXSS」とは偽装メールを見破れ!(後編)偽装メールを見破れ!(前編)メールは信頼できても信用できない危機管理体制を整えよう! 個人情報漏えい後の対応ガイドラインメールアドレスを漏えいから守る方法「Whoppix」を使ってペネトレーションテストをやろう「ぼくはまちちゃん」 ――知られざるCSRF攻撃25番ポートの攻防平田です。届いてますか?魔法の鍵と最後の鍵個人情報保護法を論理的に読み解く安全確保のために東京は明るく! 大阪は暗く!言論の自由とセキュリティコミュニティ標的にされる無防備なコンピュータセキュリティ担当者には想像力が必要端末を持ち歩くことの危険を意識せよ! ~ 「ノートPC=自動車」論 ~脆弱性のあるサイトとセキュリティ技術者の関係いまこそ一般教養としてセキュリティを!大事なことは製品でもなく知識でもなく……治安の悪化で改めて痛感したことBlasterがもたらした多くの“メリット”企業でのセキュリティ資格の意味合いは?人はミスをするものと思え、故に事前対策が重要オレオレ詐欺に学ぶソーシャル対策あらゆる人にセキュリティ教育を猛威を振るうSARSウイルスに思ったこと痛い目に遭って考えた、ビジネス継続性の重要さ責められるべきはMSだけだろうか?セキュリティ技術者を「憧れの職業」にするには?仮想通貨カジノパチンコマルハン 日野 抽選

gackt ポーカーk8 カジノヘルスチェックしてる? 怠ってはならないDNSのケア仮想通貨カジノパチンコfisco coin

gackt ポーカーk8 カジノヘルスチェックしてる? 怠ってはならないDNSのケア仮想通貨カジノパチンコfisco coin

gackt ポーカーk8 カジノヘルスチェックしてる? 怠ってはならないDNSのケア仮想通貨カジノパチンコfisco coin

会社 四季 報 掲載 企業k8 カジノ 止められないコアネットワークサービスに注目せよ

パチスロ しすくえ まとめ 読者の皆さんは、“コアネットワークサービス”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ネットワーク関係の何かだということは容易に想像できると思いますが、実際には何のことを指すのかは分からないのではないでしょうか。検索サイトで調べてみるとそれなりの数のサイトを見つけることができます。

 この連載では、そのコアネットワークサービスについて紹介していきたいと思います。といっても、これらはまったく新しいサービスというわけではありません。まずは、コアネットワークサービスについて説明したいと思います。

 コアネットワークサービスとは、図1のように、ネットワークインフラとアプリケーションの間にあるサービスのことを指します。

図1 コアネットワークサービス

 これらコアネットワークサービスは、ネットワークを利用するうえで無意識に利用している場合が多いと思います。実社会で例えるならば、水道、ガス、電気といったものに例えることができるでしょう。これらのサービスの供給が止まってしまうと、生活に支障が出るのと同様、ネットワークの社会ではコアネットワークサービスが止まってしまうとビジネスに大きな影響を及ぼす場合があります。

 DHCPサーバが止まってしまうと、IP電話が使えなかったり、PCがネットワークに接続できないといった問題が発生します。また、外部DNSサーバが止まってしまうと、大事な商談のメールが届かないといったことが起こる可能性があります。

 コアネットワークサービスの定義は、サイトによって違うこともありますが、この連載では図中のサービスのうち、特に重要なDNSとDHCPサービスについて紹介します。

一般的なDNS構成をもう一度チェックする

 まず始めに、コアネットワークサービスの中のDNSについて見ていきたいと思います。

 一般的なDNSの構成を図2に示します。実際には、この構成ほど多くのDNSサーバを置かず、DMZに1台のDNSサーバを置いてすべてまかなっている場合もあると思います。逆に、支店などの拠点にも独自にDNSサーバを設置し、この構成よりも台数の多い環境もあるかもしれませんが、ここではこの構成を基に説明をしていきます。

図2 一般的なDNSの構成

 こう紹介すると、この構成が問題を持っているという印象を持つかもしれませんが、そういうわけではありません。そして事実、多くの読者のDNSサーバも問題なく動作していると思います。

 まず、この構成のそれぞれのDNSサーバの機能を説明します。

プライマリ(DMZ)プライマリサーバはご存じのとおり、ゾーンのデータを管理するサーバです。また、外部からの管理するゾーンの名前解決の問い合わせに対応します。セカンダリ(DMZ)セカンダリサーバは、プライマリが管理するゾーンを基に名前解決を提供するサーバです。ゾーンデータはゾーン転送により複製されます。プライマリ同様、外部からの管理するゾーンの名前解決の問い合わせに対応します。内部LAN向けプライマリ/セカンダリ内部LANのためのプライマリ/セカンダリサーバです。内部向けゾーンの名前解決の問い合わせに対応します。フォワーダー(キャッシュサーバ)あまりフォワーダーという名前では聞いたことがないと思いますが、再帰的な名前解決を行うためのサーバです。一般には名前解決のキャッシュを持つため、キャッシュサーバと呼ばれることが多いです。

 DNSサーバは、Windows Serverに標準で搭載されているものを利用している場合や、SolarisやLinux上でBINDを利用している場合があると思います。この連載では設定についてはBINDを利用している場合を想定していますが、基本的にはどの環境にも当てはまるよう説明します。

あなたのDNSサーバ、メンテナンスされていますか?

 この題名を見て、“うちは大丈夫”と胸を張っていえる管理者はどの程度いるでしょうか?

 Webサーバやメールサーバについては、アクセス数やエラーログなどを定期的にチェックしているでしょう。では、最後にDNSサーバにログインして管理をしたのはいつでしょうか?

 そういう筆者も自宅でサーバを運用していますが、そんなに頻繁にサーバにログインしているとはいえません。もちろん、Webやメール、Subversionがうまく動作しないという問題があった場合は、アメリカ出張中であろうと知り合いから連絡があります(実際に空港で問題を直したこともあります)。ボランティアベースのサーバであれば、多少大目に見てもらえる場合もあります(決して褒められることではありませんが……)が、企業の場合、DNSが止まるということは業務にかなりの支障が出ることが容易に想像できると思います。

 実際の企業では、DNSサーバの管理者が正式に決まっておらず、以前に設定されたものがそのまま動いているという場合もまれにあるようです。また、中には特に問題も発生していないため、DNSサーバを構築してからほとんど触っていない場合もあるでしょう。DNSは、名前解決が正常に行えているようであればあまり気にされないという、ちょっとさみしいサーバのようです。

 そこで、セキュリティ上の視点からだけではなく、ちょっと違った視点からDNSを見つめ直してみよう、というのがこの連載の目的の1つとなります。

 仕事柄、実際にDNSを運用されている方のお話を聞く機会があるのですが、DNSサーバの管理にはあまり重点が置かれていない場合があるようです。理由としては普通に動いているからということが一番のようです。そこで、まずはDNSのメンテナンスについて考えてみたいと思います。

忘れてはならないDNSセキュリティアップデート仮想通貨カジノパチンコjsports 契約 方法

ベラ ジョン アフィリエイトk8 カジノOracleのスキーマオブジェクトを活用する仮想通貨カジノパチンコビット コイン 通貨 では ない

ベラ ジョン アフィリエイトk8 カジノOracleのスキーマオブジェクトを活用する仮想通貨カジノパチンコビット コイン 通貨 では ない

ベラ ジョン アフィリエイトk8 カジノOracleのスキーマオブジェクトを活用する仮想通貨カジノパチンコビット コイン 通貨 では ない

米国 株 有望k8 カジノ

ネット カジノ おすすめ 前回に引き続き、スキーマオブジェクトの管理について学びます。前回「Oracleの表の作成とビューの利用」では、表の作成と変更、ビューの管理について紹介しました。今回はそのほかのスキーマオブジェクトの作成と変更、Oracle Enterprise Managerを使用したスキーマオブジェクトの管理を学びましょう。

理解しておきたいこと

1.確認しておきたい内容

表、ビュー以外のスキーマオブジェクトの作成と変更Enterprise Managerを使用した表へのデータのロード

2.索引の作成

 本などで単語について調べる場合、索引から単語を探してページを確認してから、実際のページを開くと思います。データベースも同じで、列に索引を付けることができます。

 索引は列値と行へのポインタを別領域に保存しています。行にアクセスするときはまず索引からポインタを取得してから実際にアクセスを行います。索引の作成は、大規模な表から少ない行を頻繁に取得する場合などに適しています。

 しかし、行が更新されると索引も自動的に更新されるため、負荷がかかります。そのため、更新が頻繁に行われる表の場合は、索引の作成は慎重に行う必要があります。

 主キー制約と一意キー制約を使用する場合にも索引が必要です。Oracleデータベースでは、主キー制約と一意キー制約を宣言した列に索引が存在しない場合、一意索引が自動作成されます。

3.常駐型プログラムユニット

 Oracleデータベース内にコンパイルして格納したプログラムを「常駐型プログラムユニット」と呼び、PL/SQLまたはJavaで作成することができます。常駐型プログラムユニットには次のものがあります。

常駐型プログラムユニット説明プロシージャ実行形式で使用するプログラム。サブルーチン。パラメータを使用して値を渡すことも戻すこともできるファンクション文の一部として使用するプログラム。関数。渡す値は複数あってもよいが、戻す値は1つのみパッケージプロシージャやファンクション、変数、データ型などをまとめたもの。パッケージ仕様部(外部からの呼び出し方法)とパッケージ本体(実際のコード)の2つのオブジェクトで構成されるデータベーストリガーデータベースの表やビュー、イベント(DMLや起動や停止など)に関連付けられたプログラム。イベントによって自動起動する

問題問題1

データベース内に格納されるプログラム構造体を4つ選択しなさい。

a.トリガーb.インデックスc.パッケージd.プロシージャe.ファンクションf.シノニム

正解:a、c、d、e

解説

 前回、宿題とした問題です。Oracleデータベースのプログラム構造は正解のとおりです。

 不正解となったオブジェクトを確認しましょう。

●選択肢b:インデックス(索引)はプログラムとは異なります。表から行を取得するとき、索引オブジェクトに格納したポインタを使用して必要な行のみにアクセスさせることができます。

●選択肢f:シノニムは、オブジェクトに対する別名です。こちらもプログラムとは無縁です。

問題2

元本資金と貸し出し期間、利息率を使用して固定資産を導き出す必要があります。この処理を行うに当たり、適切な構造体を選択しなさい。

a.パッケージb.トリガーc.インデックスd.ファンクションe.シノニムf.ビュー

正解:d

解説

 Oracleデータベースにおいて、プログラムを使用した構造体には、パッケージ、プロシージャ、ファンクション、トリガーがあります。今回の問題のように計算を行うプログラムが必要であれば、ファンクションを使用するのが適切です(正解d)。

 SQL文内でSYSDATEなどの関数が使用できるように、SQL文内で使うことも考えているのであれば、ファンクションを作成しましょう。逆に、SQL文で使うことは考えておらず、ほかのプログラムから呼び出して処理を行うだけならば、プロシージャを作成した方がよいでしょう。

 不正解となるオブジェクトタイプは次のように解釈できます。

●選択肢a:プロシージャやファンクションが複数あり、同じタイミングで使われるのであれば、パッケージとしてグループ化することを検討します。

●選択肢b:表に対してDMLが行われたら自動的に起動するようなロジックが必要であれば、トリガーを検討します。トリガーは表だけでなく、ビューやデータベースイベント(データベースの起動/停止、ログオン/ログオフ)に関連付けて作成できます。

●選択肢c:行の抽出を高速化させるため、行にポインタを付けたいときにインデックスを作成します。

●選択肢e:複雑なオブジェクト名に単純な名前を付けたい場合や、ほかのスキーマオブジェクトにアクセスするときの「スキーマ名.オブジェクト名」の代わりとなる名前が必要な場合に、シノニムを作成します。

●選択肢f:表の特定の列や特定の行のみにアクセスを許可したい場合や、毎回複雑なSELECT文を記述したくない場合に、ビューを作成します。

4.Database Controlを使用したスキーマオブジェクトの管理

 Database Controlを使用してオブジェクトを確認する場合、「管理」タブ→「スキーマ」リージョン内のリンクを使用します(図1)。

図1 Database Controlを使用したオブジェクトの確認(クリックで全体を表示します)図1 Database Controlを使用したオブジェクトの確認(クリックで全体を表示します)図2 Database Controlを使用したデータのロード(クリックで全体を表示します)図2 Database Controlを使用したデータのロード(クリックで全体を表示します)

 Database Controlを使用してデータのロードを行うこともできます。この場合、「メンテナンス」タブ→「ユーティリティ」リージョンの「ファイルからデータをロード」を使用します(図2)。

 ここからSQL*Loaderを使用してデータのロードを行うことができます。データのロードを行うときは、SQL*Loaderの制御ファイル(どのようにデータをロードするかを定義したファイル)とSQL*Loaderのデータファイル(ロードするデータを格納したファイル)を使用します。

問題問題1

次の資料を確認してください。

資料にあるようにアクション「データの表示」を実行した結果を選択しなさい。

a.employees表の定義が表示されるb.employees表のすべての行が表示されるc.employees表のすべての行とSELECT文が表示されるd.employees表の行数が表示される

正解:c

解説

 Database Controlを使用して各種ページにアクセスしていれば、簡単に解ける問題ですね。

 問題で使用しているのは、「管理」タブ→「スキーマ」リージョンの「表」リンクからアクセスしたページです。「アクション」リストにて「データの表示」を実行すると、次の結果が表示されます(図3)。

図3 「アクション」リストから「データの表示」を実行(クリックで全体を表示します)図3 「アクション」リストから「データの表示」を実行(クリックで全体を表示します)

 つまり、正解cのようにSELECT文と結果が表示されるわけです。

 そのほかの選択肢の不正解の理由は次のとおりです。

●選択肢a:employees表のビューページで表示します。資料にも見えている「ビュー」ボタンをクリックすると列、制約などを確認できます(図4)。

図4 employees表のビューページ(クリックで全体を表示します)図4 employees表のビューページ(クリックで全体を表示します)

●選択肢b:「データの表示」ページに表示されますが、同時にSELECT文も表示されるので、この問題の回答としては正解cの方が適切です。

●選択肢d:行数だけを確認することは、「データの表示」ページでもできません。SQL*PlusやiSQL*Plusを使用して、SELECT COUNT(*) FROM employees文を発行しましょう。

問題2

SQL*Loaderにてデータをロードする際に使用されるファイルを2つ選択しなさい。

a.ログファイルb.制御ファイルc.ダンプファイルd.データファイルe.パラメータファイル

正解:b、d

解説

 SQL*Loaderを使用することで、外部ファイル(CSV形式のデータや固定長で区切られたホストデータなど)を表にロードすることができます。どのようにロードするかを記述した「制御ファイル」とデータが格納された「データファイル」を使用します。

・制御ファイル:dept.ctl

LOAD DATAINFILE 'dept.dat'APPENDINTO TABLE dept(DEPTNO POSITION(01:02) INTEGER EXTERNAL, DNAME POSITION(04:28) CHAR, LOC POSITION(30:43) CHAR)

・データファイル:dept.dat

60 ACCOUNTING NEW YORK70 RESEARCH DALLAS80 SALES CHICAGO90 OPERATIONS BOSTON

 これらのファイルをDatabase Controlの「ファイルからデータをロード」ページを使用して指定するか、sqlldrコマンドラインツールを使用するかしてロードを行うことができます。

 選択肢aはロード後に作成されます。どのようにロードされたかというログを確認することで、エラーとなったデータなどの確認ができます。

 選択肢cと選択肢eは、SQL*Loaderでは使用されない用語です。エクスポートやインポートといった処理では選択肢cのダンプファイルという用語が使用されます。

まとめ

 前回と今回の2回にわたって、スキーマオブジェクトの管理について解説しました。次の内容をチェックしておきましょう。

各種データ型の特徴(文字列データとしてのCHARとVARCHAR2の違いなど)各種制約の違いビューの特徴(データとしての領域は使用されないなど)常駐型プログラムユニットの違い(プロシージャ、ファンクション、パッケージ、トリガー)常駐型プログラムユニットの使用目的(計算プログラムならファンクションなど)Database Controlの各種ページの結果SQL*Loaderによるデータのロード時に使用されるファイルについて(制御ファイルとデータファイルなど)宿題

 次回は、「バックアップ/リカバリの実行」を確認します。次の宿題を解いておいてください。

NOARCHIVEモードでのバックアップの特徴を3つ選択しなさい。

a.すべてのREDOログファイルが適用済みとなるb.すべての制御ファイルの変更が適用済みとなるc.インスタンスが停止している必要があるd.インスタンスが起動している必要があるe.データファイルの障害からリカバリできるf.インスタンスの障害からリカバリできる

IT資格試験の模擬問題をWebベースで学習できる@IT自分戦略研究所の新サービス「@IT資格攻略」では、Oracle関連の資格をテーマとして取り上げています。Bronze SQL 基礎 I、Bronze DBA 10gも近日中に追加予定です。「無料お試し版」もありますので、記事と併せてご覧ください。

「次回」へ

「ORACLE MASTER Bronze DBA講座」バックナンバー Oracleデータベースの自己診断と最適化Oracleのデータを復元するOracleのスキーマオブジェクトを活用するOracleの表の作成とビューの利用Oracleユーザーの権限とロールOracleユーザーを管理するOracleのデータベース記憶域を探るOracleインスタンスを管理するOracleのネットワークを構成するOracleデータベースの管理ツールを使うはじめてのOracleインストールとデータベース作成Oracleデータベース構造の基本仮想通貨カジノパチンコイブラ 悪童

ユニバーサル 新台k8 カジノバイナリ・ファイルを簡単に読み書きするには?[2.0のみ、C#、VB]仮想通貨カジノパチンコ今年 撤去 スロット

ユニバーサル 新台k8 カジノバイナリ・ファイルを簡単に読み書きするには?[2.0のみ、C#、VB]仮想通貨カジノパチンコ今年 撤去 スロット

ユニバーサル 新台k8 カジノバイナリ・ファイルを簡単に読み書きするには?[2.0のみ、C#、VB]仮想通貨カジノパチンコ今年 撤去 スロット

シンフォギア 絶唱 パネルk8 カジノ 「.NET TIPS」のインデックス

パチンコ 失敗連載目次

 「TIPS:バイナリ・ファイルを読み書きするには?」では、FileStreamクラス(System.IO名前空間)を使用してバイナリ・ファイルを読み書きする方法について解説したが、単純にファイルの内容をすべてbyte配列に読み込む、あるいは逆に、byte配列全体をファイルに書き込むというだけであれば、より簡単な方法が用意されている(ただし.NET Framework 2.0以降)。

 これには、Fileクラス(System.IO名前空間)のReadAllBytesメソッド/WriteAllBytesメソッドを使用する。これらの静的メソッドでは、ファイルのオープン、byte配列への読み込み/byte配列の書き込み、ファイルのクローズという処理を1回のメソッド呼び出しで実行可能だ。

 ReadAllBytesメソッドでは、読み込むファイルのパス名をパラメータに指定して呼び出すと、戻り値としてファイルの内容を読み込んだbyte配列が返される。

byte[] data = File.ReadAllBytes("test.bin"); // 読み込みFile.WriteAllBytes("testnew.bin", data); // 書き込み

Dim data() As Byte = File.ReadAllBytes("test.bin") ' 読み込みFile.WriteAllBytes("testnew.bin", data) ' 書き込み

ReadAllBytesメソッド/WriteAllBytesメソッドの記述例(上:C#、下:VB)

 また、WriteAllBytesメソッドでは、書き込むファイルのパス名(すでにファイルが存在する場合には上書きされる)と、書き込むbyte配列をパラメータで指定する。戻り値はない。

バイナリ・ファイルを固定サイズで分割するサンプル・プログラム

 次のコードは、ReadAllBytesメソッドとWriteAllBytesメソッドを使用したサンプル・プログラムである。

 このプログラムでは、バイナリ・ファイルを読み込み、それを固定サイズ(1Mbytes)の複数ファイル(ファイル名はout0001.bin、out0002.bin、……)に分割して出力する。なお、出力される最後のファイルは固定サイズに満たない場合がある。

// binsplit.csusing System;using System.IO;class BinarySplit { static void Main() { // バイナリ・ファイルの読み込み byte[] src = File.ReadAllBytes("test.bin"); int FILESIZE = 1024 * 1000; // 分割サイズ int num = 0; for (int remain = src.Length; remain > 0; remain -= FILESIZE) { // 作成する分割ファイルの実際のサイズ int length = Math.Min(FILESIZE, remain); // 分割ファイルへ書き出すbyte配列の作成 byte[] dest = new byte[length]; Array.Copy(src, num * FILESIZE, dest, 0, length); // 出力ファイル名(out0001.bin、out0002.bin、……) string name = String.Format("out{0:D4}.bin", num + 1); // byte配列のファイルへの書き込み File.WriteAllBytes(name, dest); num++; } }}// コンパイル方法:csc binsplit.cs

バイナリ・ファイルを固定サイズで分割するC#のサンプル・プログラム(binsplit.cs)binsplit.csのダウンロード

' binsplit.vbImports SystemImports System.IOClass BinarySplit Shared Sub Main() ' バイナリ・ファイルの読み込み Dim src() As Byte = File.ReadAllBytes("test.bin") Dim FILESIZE As Integer = 1024 * 1000 ' 分割サイズ Dim num As Integer = 0 Dim remain As Integer = src.Length While remain > 0 ' 作成する分割ファイルの実際のサイズ Dim length As Integer = Math.Min(FILESIZE, remain) ' 分割ファイルへ書き出すbyte配列の作成 Dim dest(length – 1) As Byte Array.Copy(src, num * FILESIZE, dest, 0, length) ' 出力ファイル名(out0001.bin、out0002.bin、……) Dim name As String = String.Format("out{0:D4}.bin", num + 1) ' byte配列のファイルへの書き込み File.WriteAllBytes(name, dest) num += 1 remain -= FILESIZE End While End SubEnd Class' コンパイル方法:vbc binsplit.vb

バイナリ・ファイルを固定サイズで分割するVBのサンプル・プログラム(binsplit.vb)binsplit.vbのダウンロード

 ReadAllBytesメソッドはファイル全体を一度に読み込むため、巨大なファイルを扱う場合には、読み込みにかかる時間や使用するメモリ量について注意が必要である。

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみカテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:バイナリ・ファイル使用ライブラリ:Fileクラス(System.IO名前空間)関連TIPS:バイナリ・ファイルを読み書きするには?

■この記事と関連性の高い別の.NET TIPSバイナリ・ファイルを読み書きするには?テキストファイルの内容を読み込むには?[C#/VB、.NET全バージョン]バイナリファイルを非同期的に読み書きするには?[C#/VB、.NET 4.5]ファイルをコピー/削除/リネーム/移動するには?オープン中のファイルにアクセスするには?「.NET TIPS」のインデックス

「.NET TIPS」

仮想通貨カジノパチンコau pay プリペイド カード 使える 店

ビデオ バカラk8 カジノ初めてのトラブル対応。これで直ると思ったのに!仮想通貨カジノパチンコps4 オンライン rpg

ビデオ バカラk8 カジノ初めてのトラブル対応。これで直ると思ったのに!仮想通貨カジノパチンコps4 オンライン rpg

ビデオ バカラk8 カジノ初めてのトラブル対応。これで直ると思ったのに!仮想通貨カジノパチンコps4 オンライン rpg

ポケット wifi レンタル 通信 制限k8 カジノ 初めてのトラブル対応

パチスロ 亜人 art間 今回は、システム開発にはつきもののトラブルに関する話題です。以前の職場で働いていたとき(社会人4年目ぐらい)に経験した、初めての本格的な(?)トラブル対応のお話をしたいと思います。

 Visual Basic+Oracleで構成された、とあるアパレルメーカーの基幹系システムの構築・運用プロジェクトでのことです。運用フェイズに入ってしばらくたったころ、こんなトラブルが報告されました。

 「あるオンラインバッチ処理で、朝のうちは処理時間が速いが、時間が経過するとともに遅くなり、1時間以上かかるようになる」

 私はこのプロジェクトの担当ではありませんでしたが、当時社内で数少ないORACLE MASTERの有資格者(ORACLE MASTER Silver[現在のOracle Silver Fellow]を取得したばかりでした)だったため、そのトラブルの調査・対応を依頼されたのです。

 正直、そういう依頼が来るのは嫌いではありません。不謹慎ですが、ワクワクします。ちょっと頼られている感じも悪くありません(しかし、自分の担当領域で発生したトラブル対応は大嫌いです。胃が痛くなります)。

まずは事実のヒアリング

 ということで、プロジェクトの担当者と詳細に話をすることになりました。以下はそのときの会話です。

担当者 「ハンディターミナルで読み取った棚卸しのデータをいったんPCに転送して、その転送されたテキストファイルの内容をデータベースに格納するという処理をしています。100件、200件なら問題ないのですが、2000件を超えるくらいのデータを処理しようとすると、トラブルが発生します」

私 「な、なるほど」

担当者 「朝一番で実行すると5分ぐらいで終わりますが、10時を過ぎると1時間以上かかることがありますね」

私 「なぜ朝一番だと速いんですか? データベースの再起動か何かをしているんでしょうかね」

担当者 「毎晩、データベースサーバの再起動がスケジュールされています」

私 「なるほど。ちょっとデータベースのパラメータを見てみますね。ちなみに現状は、1時間以上かけてお客さんに処理してもらっているのですか?」

担当者 「いまは、ハンディターミナルから転送されたテキストファイルを100件単位に分割して処理してもらっています」

私 「そうですか……」

導き出した仮説は

 この会話によって、私の頭の中では、以下のような整理がされ(てしまい)ました。

1.事実として……

大量のデータ(2000件以上)を扱うときに問題が発生する少量のデータ(数百件程度)を扱うときには問題は発生しないデータベース起動直後は問題がないが、使用ユーザーが増えてくると問題が発生するプログラム自体に問題はない

2.事実を整理すると……

通常のオンラインの処理が動いている状態で、大量のデータをデータベースに処理させるとパフォーマンスが劣化する

 そこから私が導き出した仮説は、以下のようなものでした。

 「データベースサーバのメモリ関連のパラメータが不適切なため、通常のオンライン処理によって共有プールもしくはデータベースバッファが占有されている。そのためバッチ処理を行う際、少量のデータなら問題ないが、大量のデータを扱う場合に割り当てができなくなることからパフォーマンスが劣化する」

 上記の仮説を基に、私はデータベースのパラメータを確認しました。すると案の定、パラメータは実際の物理メモリに対してかなり少なく設定されていたのです。私は内心、「いける」とほくそ笑みながら、パラメータのチューニングを行ったのでした。

 検証を行うため、大量のトランザクション処理を発生させるテストプログラムを作成し、パラメータのチューニング前・後でテストをすることにしました。やっぱり「いける」と思いながら。

テスト失敗、そして……仮想通貨カジノパチンコ無料 脱出 ゲーム ダウンロード 不要