パチスロ ガメラ 掲示板k8 カジノKDDIとLGが生んだ異才な存在「isai LGL22」――“ただのコラボモデル”じゃない理由とは仮想通貨カジノパチンコシンフォ ギア プレミア

パチスロ ガメラ 掲示板k8 カジノKDDIとLGが生んだ異才な存在「isai LGL22」――“ただのコラボモデル”じゃない理由とは仮想通貨カジノパチンコシンフォ ギア プレミア

パチスロ ガメラ 掲示板k8 カジノKDDIとLGが生んだ異才な存在「isai LGL22」――“ただのコラボモデル”じゃない理由とは仮想通貨カジノパチンコシンフォ ギア プレミア

スイッチ 麻雀 ゲームk8 カジノ

東京 スロット 優良 店 11月23日に発売されたKDDIのauスマートフォン「isai LGL22」。同社が10月2日に発表した2013年冬モデルの1つであり、LGエレクトロニクスと共同開発したコラボモデルとして、特に力を入れている機種だ。

photophoto「isai LGL22」

 製造を担当したLGエレクトロニクスは、11月5日から日本の報道陣を対象とした「isai Press Conferance2013」を韓国・ソウルで開催。KDDIの担当者も出席したこのイベントで、2社が取り組んできたLGL22開発の道のりが明かされた。海外のスマートフォンメーカーが開催するプレス説明会に日本のキャリアが参加するのは極めて珍しく、LGエレクトロニクスとKDDIが「isai」にかける強い思いが伝わるイベントとなった。

→LGとKDDIが“ai(アイ)”を込めたスマートフォン――「isai LGL22」製品説明会KDDIはなぜLGを選んだのか LGの狙いはphotoLGエレクトロニクス・ジャパンのキム・ヒチョル氏

 LGエレクトロニクス・ジャパンでisai開発の陣頭に立ったのが、同社モバイルコミュニケーション プロダクトチーム課長のキム・ヒチョル氏だ。説明会ではまず、キム氏からisai開発の経緯が語られた。

 LGエレクトロニクスのスマートフォンといえば、長らく「Optimus」というブランド名でシリーズ展開をしていた。しかしこの夏、LGエレクトロニクスはスマートフォンの主力製品について、ブランド名を「G」に統一すると発表。Optimusブランドは新興国向けモデルなどに一部で残るものの、日本や米国に投入するフラッグシップモデルは「G」というシリーズ名になった。

 その第1弾となったのが、8月に発表された「LG G2」だ。第1弾でありながら“2”が付くのは直前まで「Optimus G」シリーズを展開していたからであり、ブランドイメージの継承を意識させる意味もあるのだろう。Optimus Gに限ると、国内ではNTTドコモが「L-01E」として、またKDDIもauの「LGL21」として販売。特にau向けのLGL21は、予想以上に日本市場とKDDI内部での反応が良かったという。

 キム氏はこのLGL21の成功が今回の共同開発のきっかけになったと振り返る。「3M」戦略などを進めるKDDIには、さらに幅広いユーザーに受け入れられるスマートフォンが必要であり、それを実現してくれるメーカーの存在が欠かせない。LGL21の高い商品力を評価したKDDIは、LGエレクトロニクスにオリジナルスマホの共同開発を打診。一方のLGエレクトロニクスは、日本という厳しいユーザーがいる市場で自身の商品力を高める機会と捉え、グローバルメーカーとしては異例の取り組みを進めることになった。

単なるコラボモデルの枠組みを超えた「isai」な存在

 こうしてスタートした共同開発だが、具体的にどういった製品を作るのか、最初からイメージしていたわけではないという。auといえばフィーチャーフォンのころからデザインに注力したコラボモデルを多く手がけており、スマートフォンでもHTCとタッグを組んだ「HTC J」「HTC J butterfly」などが記憶に新しい。LGとしてもグローバルモデルの日本向けカスタマイズをはじめ、防水ボディやオリジナルデザインなど、従来のコラボモデルで考えられる取り組みはこれまでも行ってきている。

photo「isai」ブランドの目的

 「ユーザーが驚くような商品を提供しよう」という目的こそ一致していたが、より一歩進んだ共同企画では何をするべきなのか? 両社の担当者が議論を重ねた結果、製品の「意外性」、所有の「特別感」、誰もが「使いこなせる」簡単さ――という3つの目的が設定された。特に“使いこなせる”というキーワードは、今後増えるさまざまなユーザー層に受け入れられる端末を目指すためのものだ。この3つの目的を達成するための手段が、作り込まれたボディデザインと、オリジナルのユーザーインタフェースおよびユーザー体験(UI/UX)の提供になるのだが、この段階ではさらに重要なことも決定した。それが「isai」というブランド名だ。

 キム氏によるとisaiとは「異才」を意味し、日本のモバイル業界に両社の新しい取り組みを伝える特別な存在として位置付けたのだという。つまりisaiとは、個々の端末を指すだけでなく、このプロジェクトそのものを意味する。それがどれくらい特別なのかを表わすエピソードとして、キム氏はスタッフの人選について明かした。

 LGはisaiの開発チームに、普段はグローバルモデルの開発に携わっているスタッフをアサインするなど、かつてないシフトを敷いた。いかにisaiがKDDI肝いりのモデルとしても、その調達数はグローバルモデルには到底及ばない。ビジネスの規模から見れば、日本向けローカルモデルの開発にグローバルモデルと同じような体制を取ることは、異例中の異例だったという。もちろん日本語に堪能なスタッフばかりではない。韓国本社の開発陣に日本語の“isai”という意味を知ってもらい、チームでブランド価値を共有することからスタートしたという。最終的にクリアしたものの、日本市場への意識の違いも浮かび上がった。例えばグローバル市場で「防水」は優先度が低いが、日本では必須の要素。こうした違いを埋めるのもまた、開発の第一歩だったという。

デザインコンセプトは「水」仮想通貨カジノパチンコオンライン フラッシュ ゲーム

したらば パチスロk8 カジノ“ケータイ版Skype”で、できることできないこと BREW版「Skype au」を試す(後編)仮想通貨カジノパチンコシンフォ ギア プレミア

したらば パチスロk8 カジノ“ケータイ版Skype”で、できることできないこと BREW版「Skype au」を試す(後編)仮想通貨カジノパチンコシンフォ ギア プレミア

したらば パチスロk8 カジノ“ケータイ版Skype”で、できることできないこと BREW版「Skype au」を試す(後編)仮想通貨カジノパチンコシンフォ ギア プレミア

ビット バンク 販売 所 取引 所k8 カジノ

パチスロ 情報 局 生放送 KDDIがau端末向けに提供している「Skype au」は、サービス開始当初はAndroidスマートフォンでの利用を想定していたもの。しかし2011年夏にはBREW版のアプリも登場し、auのフィーチャーフォンでも利用できるようになった。レビューの後編では、具体的な使い勝手やほかのプラットフォーム用Skypeとの違いについて検証してみたい。

→スマホじゃないケータイでもSkypeが使える BREW版「Skype au」を試す(前編)→通話とチャットが無料に―――Androidアプリ「Skype」はどこまで使えるのか?バックグラウンドで利用できる?photoSkype auを起動させた「CA007」(NECカシオ)と「T008」(富士通東芝製)

 PCでSkypeを利用する場合、基本的にバックグラウンドで待機させておくことが多い。通話やインスタントメッセージ(IM)を送受信するとき以外は、Skypeのウィンドウはあまり意識しない。この点はAndroid版とiOS版のSkypeでも同様で、バッテリーの心配はあるものの、バックグラウンドでSkypeをオンラインにしておける。

 しかし、フィーチャーフォン向けのBREW版Skype auではこれができない。アプリを起動したらSkypeの画面に切り替わり、Skypeを起動したままではケータイの待受画面には戻らない。アプリを起動するとケータイの画面はSkype専用になってしまうわけで、これは今までのSkypeユーザーが一番違和感を覚える点だろう。

 ただし、Skypeを起動していても通話中でなければ携帯電話として着信でき、ケータイの通話が終わるとSkypeの画面に戻る。メールを受信した場合は、メール画面に移行して受信メールの確認や返信メールの作成ができる。メール画面を終了させるとSkypeに戻るのは、通話と同じ挙動だ。

photophoto「CA007」のセルフメニューボタン(写真=左)とセルフメニュー(写真=右)

 これに加えて、Skypeを起動したまま端末のほかの機能を呼び出すことも可能だ。Skype auに対応する2011年夏モデル以降のauケータイは、マルチタスク機能を呼び出す「セルフメニュー」ボタンを備えている。Skype起動中でもセルフメニューからカメラやツール、ほかのアプリを起動させられる。ただ、セルフメニューが開けるのはSkypeが待機中の場合のみ。Skypeで通話している場合には、マルチタスクで別の機能やアプリを起動させることはできない。

マルチログインやマルチアカウントの利用は?photoアプリが記憶するSkype名は1つだけなので、複数のアカウントを使い分ける場合はその都度入力が必要

 Skypeは複数のデバイスで同じアカウント(Skype名)を使った同時にサインイン(ログイン)が可能で、これはBREW版Skype auでも変わらない。PCやスマートフォンでSkypeを起動しつつ、フィーチャーフォンでも同じアカウントでログインきる。

 ちなみに、1つのアカウントで複数デバイスにログインしているとき、Skype通話がかかってきたりIMが送られてくると、それぞれのデバイスで着信や受信通知が表示される。まったく同時に表示されることもあるが、それぞれの処理能力や通信状態によって表示に時間差が出ることがほとんど。BREW版のSkype auに対応する「CA007」(NECカシオ製)と「T008」(富士通東芝製)で試してみたが、PCやスマホのSkypeと比べて遅めになることが多かった。

 またBREW版Skype auが記憶できるSkype名は1つのみで、複数のアカウントを使い回す場合はその都度手入力が必要だ。普段使うSkype名が1つの場合、自動ログイン機能を使うと1度の操作でアプリの起動からログインまでが行われる。

端末を閉じていてもSkypeの着信はできる?

 折りたたみ端末の場合、ディスプレイを閉じてもSkypeアプリは終了せず、サインイン状態が続く。閉じたままでもSkype通話の着信ができ、サブディスプレイがある場合はかけてきたSkype名を表示する。ただ、まれに発信元が「0000」番と表示されることもあり、誰がSkypeで話しかけてきたのか分からない場合もあった。

photoSkype auを起動したまま端末を閉じてもサインインしたままで、(Skypeの)通話も着信するphotoSkype auで通話を利用すると、端末の発着信履歴に「0000」(着信)と「#40880」(発信)が残る

 0000番とは、Skype auの通話を着信した場合に表示される発信元番号。レビューの前編でも触れたが、Skype auの通話はVoIPでありながらauのパケット回線ではなく音声回線が使われている。そのためSkype auで通話を着信すると、端末の着信履歴には0000番から電話がかかってきたことが記録される。逆にSkype auで通話を発信すると、発信履歴には「#40880」番が残る。端末の発着信履歴から2つの番号に電話をかけても、「利用できない番号」という旨のアナウンスが流れるだけだ。

 ちなみに、サインアウト中にSkype通話の着信があっても、端末の着信履歴やSkype auのアプリには記録が残らない。Skype側で留守番電話サービスを使うには、有料のボイスメールサービスを利用する必要がある。

Skypeで通話中にIMを送受信できる?photoIMは最低限の機能しかない

 Skypeの魅力の1つに、通話しながらIMを使って文章で連絡を取り合える点がある。しかしフィーチャーフォン向けSkype auではこれができない。

 というのも、Skype auの通話は音声回線を使い、ステータスの確認やIMなどの諸情報はパケット通信を介して行われる。しかしKDDIのau回線では音声とパケットの同時利用ができないため、Skype通話中にIMは受信できない(auスマートフォンでWi-Fiに接続している場合は可能)。

 また、IMで送受信されるテキストはコピー&ペーストができず、返信時の引用もできない。気になるWebサイトのURLを送ってもリンクされないので、ただテキストを表示するだけになる。またIMの履歴(送受信したログ)も、サインアウトすると非表示になってしまう。ただ、ほかのSkypeユーザーからIMを受信した場合、そのユーザーとの直近の履歴が表示される。

Skype内で使われる絵文字も、線のみの記号に変換される

 このように、IMの利用もPCやスマートフォンのような感覚では使えないので、ちょっと注意が必要だ。

複数の人とSkypeで会話できる?仮想通貨カジノパチンコau pay プリペイド カード 携帯 料金